top of page

福祉サービス利用援助事業かけはし|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。 社協』の略称でも知られている

社会福祉協議会は、 福祉の向上に向けて

さまざまな活動を

行っています。

広島市社会福祉協議会があります。



社会福祉協議会は、 民間の社会福祉活動を

推進することを目的とした非

営利民間組織で、 それぞれの

都道府県、市区町村で、

地域に暮らす皆様のほか、 民生委員・児童委員、

社会福祉施設・社会福祉法人等の

社会福祉関係者、 保健・医療・教育など

関係機関の参加・協力のもと、 地域の人びとが

住み慣れたまちで

安心して生活することのできる 「福祉のまちづくり」の実現

を目指して様々活動してます。


その中に

福祉サービス利用援助事業があって、 それが

地域包括支援センターの業務と

被っているように見えて、 実は住み分けができている

ということを昨日知りました。


福祉サービス利用援助事業は、

1人でものごとを決めることが

不安な人に対して、 日々の暮らしに必要な

福祉サービスの利用手続きや お金の管理のお手伝いをして、

安心して暮らせるよう支援する

事業です。 広島県では、『かけはしという

愛称で呼んでいます。


かけはしの対象者 認知症や障害などで、

自分一人で

福祉サービスの利用などを

決めることに不安がある人や、

日々の暮らしに必要な

お金の管理に困っている人など

※障害者手帳を持っていない人や 認知症の診断を受けていない人も

利用できますよ♡


社会福祉協議会の

専門員と生活支援員が、 福祉サービスの利用手続きのお手伝いや

生活に必要なお金の出し入れのお手伝いや 通帳や印鑑、大切な書類などのお預かりなど、 支援してくれます。

金がかかりますけど。


ちなみに、 生活に必要なお金の

出し入れの手伝いが

1回あたり1,500円というのは ちょっと高いような気がしますが、、、


また、

不動産の処分、

遺産分割、

消費者被害の救済手続き

などのように 財産管理に関することは、

かけはしでの支援が

難しいですから、 そんなときは、

ご本人、親族、関係機関

などと話し合って、 成年後見制度の利用に

つなげるそうです。


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page