top of page

ある日突然、患者照会|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。

利用者さん宛て

患者照会」なるものが、

届くといわれています。


患者照会とは、

マッサージを開始した直後、

または、

マッサージを施術を継続していると

保険者から届く書類です。


全員に届くわけではありません。

突然、保険者から利用者さんに、

送られてくるんです。


『○年○月に受けられた施術の

費用の請求が保険者に

対して提出されました。

医師からの施術の同意を得た状況や、

鍼灸院・マッサージ院で施術を受けられた状況

などについてわかる範囲でお答えください。』


こんな内容の文書が

何の前触れもなしに、

いきなり届きます。


この患者照会、

柔道整復師が運営する

多くは整骨院の利用者さんを対象に

送られるということのようですが、

訪問マッサージも安心していられません。


幸い、

だんご治療院のご利用者さんに

届いたというケースはありませんが、

正直、

備えは盤石ではありませんので

諸々準備をしておいた方がいいでしょう。


それにしても、

突然、こんな書面が届いたら

利用者さんやご家族の方は

さぞ驚かれることでしょう。


「えっ、何だこの通知?」

「何か、まずいことやってしまったかな?」

「返信しなかったらどうなるんだろう?」

「適当に記入して返送しておけばいいかな?」

など、反応は様々でしょう。


保険制度や療養費のことなど

事情を知らない利用者さん宅に

ある日突然書類が届くわけですから

ビビッてしまって、

どうしたらいいんだろう?

となってしまうのは当然のこと

かもしれません。


また、事情がよく分かってまいまま

いい加減な事を書かれて

返送されてしまっては

治療院側としても困る事に

なってしまうかもしれません。


患者照会の書類がきっかけで

治療院と利用者さんの間に溝が出来て

信頼関係が崩れてしまう可能性が

なきにしもあらずです。


更に、

この患者照会が厄介なのは、

厚生局に目をつけられて

「あなたのとこの治療院

個別指導が必要ですね!」

てなことにでもなったら・・・。


どんだけぇー!

保険者から、

利用者さんの

過去の療養費や往療費の記録を

提出するよう求められたら、

数年間遡って関連書類を集める作業が

発生するかもしれません。


患者照会が行われるのは、

残念ながら不正請求する

整骨院や治療院が後を絶たない

からでしょう。


真面目に運営している

ボクたちからしたら

迷惑な話し以外の何物でもない(#^ω^)

のですが、

そうは言っても、

チェック機能を働かせることも

重要ですから

まるっきり否定もできず・・・


備えあれば、憂いなし!

患者照会と、

一口に言いましても

恐らく色んなパターンがあるでしょうから

経験者からお話しを聞いてみたいですね。


患者照会について

事前と事後の対処法セミナー

が開催されるそうですので

参加してみようかな。


あっ!

これはステマでもなければ、

でもありませんので。

ご安心ください。


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。


閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page