top of page

FIREについて考えるお年頃|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。

転勤で海外勤務していた同級生が

任期を終えて帰国したので、

先日、久々に数人が集まって

飲み会をやったときの話し。


参加していたうちの一人が、

ワシは、

FIREを目指すでぇー!

と、言い出したんです。


ボクはこれを聞いた瞬間、

「ん?ファイヤー?何言ってんだ?」

と、思いました。


Fire!

缶コーヒーか?

プロレスの大仁田厚か?

とか、

色々と頭を巡ったのですが、

全然違いました。💦


ご存知の方も多いと思いますが、

FIREとは

inancial ndependence, etire arly」

経済的自立と早期リタイア

の略称です。


ヤホーで検索しましたら、

このFIREは、

テレビ、新聞、書籍、YouTbeなどの

各種メディアで取り上げられており、

憧れている人が凄く多い

ということでした。


ボクは今、53歳ですが、

同級生と集まったときに

リタイヤが話題になる日が来るとは、

歳をとったもんです。


などと、

感慨に耽っている場合でもなく、

純粋に焦りを感じました。


会話の中では、

リタイヤして、

ヨットで日本を一周するんだー!

とか、

漁師になるんだー!

とか、好きなこと言ってます。


でも、

子育て終わってひと段落して、

貯えもある程度あるんでしょうから

こういう発想になるというか、

発言になるんでしょう。

まぁ、羨ましい限りです。


ボクの場合は

まだまだ支出がピークに向かって

右肩上がりですから大変です。


さて、

FIREについての

ボクの個人的見解としては、

FI(経済的自由)を

獲得することには大賛成です!


ボクだって、

借金の返済、資金繰りなど、

お金に四苦八苦しないで

生活できるように

なりたいです。


でも、

FIできたとして、

RE(早期リタイア)したいか?

と聞かれたら、

そうではないです。


ボクなんかは、

家業を継いで

でも廃業して、

迷惑ばかりかけてますので、

リタイアなんかは

口が裂けても言えない。

というウラ事情もありますが、、、


生涯現役は当たり前、

寝たきりになっても病室で仕事

が理想です。


そりゃあ、

お金の心配をしなくてもいい

というのはありがたいですが、

仕事をしなくてもいいとなったら

寂しいでしょうね。


驚いたのは、

転職を考える輩もいた

ということ。


年齢を考えると、

起業するなら

まだ理解できますが、、、


そこそこ大きい会社に勤めているのに

もったいないですし、

そもそも

50過ぎのおっさんを雇ってくれる

会社もなかろう

と思うのですが、、、

ビズリーチで

何とかなるんでしょうか?


FIできてないと

何もできませんし、

FIできてない奴が

何か言っても、それは全て

カバチになります。


まずは、

”ボクが居なくても現場が回る”

そんな組織を作ることが

FI実現につながって

いくんでしょう。


組織作りについて

悩みを持てるように

なりたいよなぁー。


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:9回0件のコメント

Comentarios


bottom of page