top of page

訪問マッサージの営業はお腹いっぱい|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。 新聞を読んでいて、 北朝鮮が

やたらミサイルを発射

していることと関連して、 日本国内には

2021年4月時点で、

緊急一時避難施設が 全国に51,994カ所

(そのうち地下施設は1,278カ所)

あるという記事に

目が留まったんです。


緊急一時避難施設とは、 ミサイル攻撃の爆風などから

身を守るため 1~2時間ほど

一時的に避難できる コンクリート造りの

建物や地下施設のこと。


へぇー、

日本にそんなにたくさんの

シェルターがあったんだぁー。 知らんかったわぁー。

というのが

記事から受けた

ボクの印象でした。


コンビニの数が

全国に

約57,000店ですから、 それに匹敵する数の

緊急避難施設がある

ということです。

当然、

ボクが行動するエリアに建っている

鉄筋コンクリートの建物が シェルターとして

指定されている

と思うじゃないですか。


これ、

確認できるんですけど、 調べてみてがっかりしました。

緊急一時避難施設して

指定されているのは

学校がほとんどだったんです。

つまり、

自然災害の避難場所。

選挙の投票所。


緊急避難施設≠シェルター。

ボクの勘違いでした。

ボクの勘違いが悪いのか、

新聞のミスリードなのか、、、

ちなみに、広島でいうところの シャレオ地下街は

指定されていませんでした。


ミスリードといえば、、、 訪問マッサージ業には、

メリットデメリット

色々ありますけれども、


メリットの一つとして

挙げられていることに、 競合他院の少なさと、

いうものがあります。


少なさという表現を

どう捉えるのが正しいのか? ①数が少ない、

そもそもの絶対数が少ない

ということなのか? ②割合が少ない、

高齢者の数に対して少ない

ということなのか?



まぁ、

①であろうと②であろうと、 そもそもそこに

マーケットが存在しない場合が

あります。

マッサージを必要としている

高齢者がどれくらいいるのか? 分かりませんからね。



個人的には、

見込み客はたくさんいて、

マーケットは存在するけど、 訪問マッサージ治療院の数が

滅茶苦茶多いと思っています。

営業活動していても、

「また来た!」

「もうお腹いっぱい。」 みたいな感じで

ケアマネさんに

すんごい嫌がられるケース、 結構ありますからね。


マッサージしたって

何も治らないでしょ。

と思っている人も多い。 という印象が強いです。


だから、 ボクがもっと勉強して、

マッサージの効能を

訴えることができれば、 この業界は

もっと盛り上がるはずだし、 高齢者やそのご家族の笑顔も

増えるはずと信じています。


本日も最後まで

読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page