top of page

美容整形医と歯科医は同意書が書けない|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。 訪問マッサージは、

ドクターが

同意書を交付してくれたら 健康保険を適用しての治療を

開始することができます。


この場合のドクターは、

かかりつけ医とか

主治医の先生のこと

なんですけど、 一口にドクターといっても、

その専門は様々です。


神経内科、呼吸器内科、消化器内科、

胃腸科、腎臓内科、循環器科、 漢方内科、心療内科、老年心療内科、

アレルギー科、皮膚科、精神科、 神経科、老年精神科、肛門科、

整形外科、リウマチ科、産科婦人科、 眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、

泌尿器科、性病科、脳神経外科、

脳外科、医学放射線科、放射線科、

麻酔科ペインクリニック内科、形成外科、 形成外科、リハビリテーション科・・・ 挙げ出したらきりが無い。


このように、

ドクターには

様々な分野の専門医がいますが、 ドクターなら誰でも

同意書を書いてもらえるのか?

というと、 そういうわけではありません。


結論から言いますと、 美容整形外科医師と歯科医師から

同意書を書いてもらっても、 それは同意書として

認めてもらえません。

NGなんです。


一方で、

眼科医とか耳鼻咽喉科医とか、 流石に無理だろうなと 決めつけてしまいがちな

専門医師には 同意書を書いていただけるとう、、、 これはビックリΣ(・□・;)です!!!


ただし、 理論上は

書いてもらうことは

できるのですが、 実際に

眼科医が同意書を書いた

とていう前例は無い

みたいです。

先生自身が

書くのを憚られる

という事情もあるようです。


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page