top of page

本当の恐怖はコロナなんかではない|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。 知人の勧めで

泡坂妻夫の「しあわせの書

という本を読んだんですが、 まぁ、たまげました!


ビックリするというか、

怖くなるというか、 ボクは本を読んで

こんなにビックリしたことは

ありません。

ぜひ読んでみてください。


さて、営業で

居宅介護支援事業所を

回ってましたら、 「コロナが流行しているから

中に入ってくるな!」 と言われて

ビックリしたという話し。


扉を開けて、

中に入ろうとすると 「ダメ、ダメ、

入らないでください。

話しは外で聞きますから。」 とか言って、

中に入れてくれないんです。

ま、話しは聞いていただけるので

いいんですけど。


それにつけても、 いまだに怖がっている人が

いるんだと驚かされるばかりです。


今日なんて、

コロナで学級閉鎖になったと

ニュースになっていましたが、

ほんとキ印ですよ。

嘘でしょ。冗談でしょ。

と、思ってしまいます。

海外では

コロナの扱いが

どうなっているのか?とか、 日本の対応が

海外から笑われていること

とか 残念ながら

ご存知ないんでしょうか?

あるいは、

怖くもなんともないんだけど、 やはり罹ると面倒だし

世間体も気になるしで 何とか感染しないように

必死になっているのか?

この人たちの真意は

一体どこにあるんだろう? と、思ってしまいます。


介護業界なので

ナーバスになるのは分かりますが、 弱毒化した

コロナの流行を止めれませんし、 コロナに罹って亡くなるのは

基礎疾患がある高齢者ですから、 それってコロナに関係なく

亡くなる人たちなわけで、 怖がっても仕方無い

と思うんですよね。

許容の範囲内だと思いますし、 これまでも

人類はそうやって

ウィルスと共存してきたわけで、、、


だから

自分たちがやっていることは

無駄というか茶番だし、 必要以上に怖がっていることは

ナンセンスだということが 分からないのでしょうか?


ほんと、

コロナのおかげで

日本はおかしくなって

しまいました。

同調圧力がかかり、

正しいことが

言えなくなりました。


本当に恐れないといけないのは 中共であり、

北朝鮮であり、

ロシアであるはずなのに、、、

世界の中の反社会国家が

隣国に位置している

という異常事態なのに 自民党政権は

一体何やってくれてるんでしょうね?


病院には

3年間で95兆円もの金を

ばら撒いておいて、 防衛費増額するのに増税ですから、

頭がおかしいですよ。


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:0回0件のコメント

ความคิดเห็น


bottom of page