top of page

日本を滅ぼすLGBT利権増進法|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。

少々怒ってます。


増税メガネが揺れてます。

内閣改造したのに

思ったほど支持率が上がらず、

なかなか解散に

踏み切れないです。

ざまぁ見ろです。


ボクは、

支持率が上がらない理由の一つに

LGBT理解増進法案が

あると思っています。


おっと、

理解増進ではなく、

利権増進ですよ。

このおばはん

ほんま最悪ですよ。



ジェンダーアイデンティティー

などという訳のわからない単語を

いきなり持ち出すとか、


反対派の議員を無視して

法案を提出するとか、


やることなすこと

もう無茶苦茶でした。



LGBTは


Lesbian

Gay

Bisexual

Transgender


上記の頭文字を取った

用語であり、性的指向や

性自認に関連する

多様性を表現する言葉です。


多様性というと

聞こえがいいですが、

実態は、

3つの性癖と

1つの

都合のいい解釈が

いくらでもできる自認

ってやつです。


LGBT利権増進法の

筋が悪いところは

3つあると思っています。


1つ目

そもそも日本では

LGBTに対する関心など

高まっていません。


単純に増税メガネが

アメリカバイデン政権の

言いなりになっただけです。


事実、

アメリカ共和党は

一切認めていないです。


恐いのは、

LGBT利権増進法の先に

夫婦別姓や同性婚の合法化

が待っている

ということです。

間違いありません。

左翼がよく使う手です。


一部活動家の

言いなりになっては

いけません。


通称利用が認められている

日本において

夫婦別姓は必要無いです。


同性婚についても、

男性がいて女性がいて

という極めて当たり前の現象を

否定しようとする

非常に危険な思想です。


2つ目

差別差別といいますが、


マツコデラックス、

ミッツマングローブ

はるな愛

古くは

おすぎとピーコ

カルーセル麻紀


日本には

こんなにたくさんの

男女や女男を売りにする

テレビタレントが出演していて

一体どこに

差別があるんでしょうか?


彼らはたくさん稼いでいますので

その存在が十分に

認められている証拠です。


3つ目

学校教育において、

LGBTに対する理解を

深める取り組みが

進んでいきます。


子供に

同性愛を教えるとか

やめて欲しい。


もうキ印ですよ。

ボクの子供には

教育して欲しくないですし、

こういった教育団体に

多額の税金が投入されるなんて

やばすぎます。


ほんと

このLGBT利権増進法は

どこからどう見ても

筋が悪すぎる。


だんご治療院には、

あん摩マッサージ指圧師は

男性も女性もいます。


ありがたいことに

高い技術力と

患者さんのことを考えて

施術するあマ指師が揃っています。


利権増進法の有無にかかわらず

十分にダイバーシティーを

実践しております。


本日も

最後まで読んで出さり

憚りさんえ。

閲覧数:2回0件のコメント

Commentaires


bottom of page