top of page

手芸店から治療院へ

だんご院長です。 手芸事業から撤退して、治療院を開設したときの話し。


ボクは、手芸用品・服飾資材販売店の4代目として 事業を営んでましたが 時代の変化にともない、次のステージへと向かうことを決断しました。


きっと、手芸店から治療院?と思われる方も多いでしょう。

実は、お店に通っていただいたお客様にはご高齢の方が多く 足や腰を患われる方も増え、お店に来るのが一苦労だったり 将来は、歩いて来ることができなくなることを 悲しんでおられる姿をみてきました。


「好きなことを諦めないといけないのって、きっと辛いよな」 「年齢が理由で、行きたいところに行けなくなる、 活動の範囲が狭くなるのは当たり前のことなんだろうか?」 そんなことを漠然と思っていました。


ある時、 「整体とかマッサージとかを提供してさしあげれば体も楽になるだろうし、

大好きな趣味も続けることができるかもしれない。」と 思ったのです。


それから模索をし、治療院をはじめることになりました。

子どもの頃から見てきた  手を通じて新しいものを産み出す手づくり(手芸)の世界で お客様が楽しそうにしている姿が、ボクたちに 手当てをするという道へ進むことを教えてくれたのだと思います。


それが、 ボクが手芸店から治療院という道へ進んだ理由です。


本日も最後まで読んでくださり憚りさんえ。

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page