top of page

医療業界で天皇と呼ばれた男|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。 知っておかなければいけない

業界の有名人がいます。 医療業界おいてのそれは、

間違いなく武見太郎でしょう。

どれだけ凄い人物だったのか? 詳しくは、Wikipedia

をご一読いただければと思います。


言わずもがな武見太郎は医師です。

①プーチン、習近平も真っ青! 13期25年の長期間にわたって

日本医師会会長に君臨し、 「喧嘩(けんか)太郎」

とあだ名されるほど

常に攻撃的な態度で、 厚生行政に

医師会の意見を反映させた。


②金正恩も真っ青!

医師会内部で

自分の意に沿わない医師を冷遇

するなど 独裁的な権力を揮い、 医師会・薬剤師会・歯科医師会の

いわゆる「三師会」に影響を及ぼし 武見天皇とまで呼ばれた。


吉田茂の主治医として

定期的に大磯の吉田邸に行き、 その場で

当時の大蔵大臣の池田勇人と出会うと、 医療と税金の関係に

すかさず文句をつけるなど、

密室政治を続けた。


④医師税制の特別控除の導入に

貢献した。 これは70%を必要経費として、

30%に税金をかける

というものです。 所得税の最高税率が75%で 稼いだ金のほとんどを

税金でもっていかれていた時代に 30%にしか税金がかからない

訳ですから、 開業医師がどれだけ優遇され、

ボロ儲けしたことか、、、


⑤銀座にあった

武見のクリニックでは、 患者が自ら診療代を

自由に決めて支払う方式だった。

などなど、

武勇伝は枚挙に暇がありません。


そして、家系図にも

非の打ちどころがありません。

武見太郎の妻は、

牧野伸顕(大久保利通の二男)の

二女が秋月家に嫁いで

子爵秋月種英との間にもうけた

二女。

ちなみに

牧野伸顕の長女は

吉田茂に嫁ぎ、 武見太郎の長女は

麻生太郎の弟に嫁いでます。

まさに華麗な一族です。


武見太郎は、

開業医が病床を持つことには

反対で、 「開業医は外来・往診・予防医療などの

家庭医に専従すべきだ!」 という考えだったそうです。

マッサージにも

大いに理解を示したかもしれませんね。 家庭医については

また日を改めて書きます。


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page