top of page

包括支援センターと居宅はだいたい併設している|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。 プロ野球で

二遊間コンビといえば、 ジャイアンツの篠塚と川相、

ライオンズの辻と田辺

あたりが有名ですけど、 ドラゴンズの

荒木と井端(アライバ)を

超えるコンビはいないでしょう。 伝説ですから。

センター前に

抜けようかという当たりを

荒木が横っ飛びで捕って、 それを井端にグラブトス、

井端がファーストに送球して

アウトにする連携プレーには

度肝を抜かれました。


連携プレーで思い出したんですが、 介護業界あるあるの一つが、 居宅介護支援事業所と

地域包括支援センターが 併設されているケースありがち。


建物の同じフロアに 居宅介護支援事業所と

地域包括支援センターが 隣り合っているとか、 入口は別々にあるけど

部屋は一つで、 中はパーテーションで

仕切ってあるだけとか、 入口は一つで部屋も一つ、

その中に両方がおさまっているとか、 まぁ、色んなパターンがありますよ。


地域包括支援センター

というのは、

ケアマネージャーさんをはじめ 介護福祉士さんや

看護師さんなどを雇用している 比較的大きい会社が

市の委託を受けて

運営しています。


なので、

併設されている場合は

同じ会社が運営していますから、 そこで働いている人たちからしたら、 同じ会社なんだけど、

部門が違うという感覚

なんだと思います。


やはり、

部門が違う人とは

お話しし


ないですよね? ちなみに、

ボクはサラリーマンやってたとき

人事部だったので、 他部署の人とも

コミュニケーションする機会が

結構ありました。


パートや派遣といったレベルになると

分かりませんでしたけど、 正社員とか肩書があるような人だったら

名前と顔は一致してました。


人事異動とか懇親会とか

あるでしょうから、 全く知らないってことは

無いんでしょうけど、 だんご治療院のことを

共有するってことは

期待しない方がいいでしょうね。


本日も最後まで

読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page