top of page

利用者さんに寄り添う難しさ~其の一~

だんご院長です。 今回は、

ボクはまだまだ

利用者さんに寄り添えていない、 自分本位で動いていて

全然ダメだなという

反省の話しです。


ボクの母さんの

お友達(便宜上Tさんとしましょう)が マッサージに興味があると

母さんに電話してきたんです。

まずは、

母さんにTさんと

電話でやりとりしてもらって、 お試しマッサージを

体験してもらうことになりました。


お試しで30分ほど、

色々とお話ししながらマッサージ師が 施術させていただきました。 Tさんは、

体が不自由で

車いす生活ですが、

会話はしっかりできます。

昔、

手芸を嗜んでおられたという話しを

嬉しそうにされていましたから、 無理を言って

作品も見せていただきました。


Tさんに、

「マッサージ気持ちいいから継続したい。」と、 言っていただいたので、 「だったら同意書もらいましょう!」

となりまして、 Tさんは歩行困難ですから、

Tさんに委任状を書いてもらって、 ボクがかかりつけ医のところに行って、

同意書の交付を依頼することに なったんです。

ここまではいつもの流れです。


翌日、

Tさんのかかりつけ病院に

電話したところ、 ここで問題が発生!


①「Tさんが最後に通院したのが、

  2か月以上前なので、   同意書持ってこられても

  書けない。」と。 ②「最終受診日から

  同意書発行までの期間が

  空きすぎるのは   問題がある。」と。 ③「病院としても

  Tさんには通院してください

  とお願いしているが、   通院してもらえないので、

  心配していた。

  だんご治療院さんから   受診するよう言ってもらえないか?」と。


まぁ、それもそうだなと思って、 翌日、

Tさんの携帯電話に

電話かけたんですけど、 ここでも問題が発生!


つながらないんです。 何回やっても

1コールで自動的に切れるんです。 つながらないような設定に

しておられるんでしょう。 固定電話にかけても

留守電につながるのみ。


母さんに登場してもらう

という手はあったのですが、 これ以上母さんを巻き込むのも

申し訳無いと思って、 そうは言っても、

連絡つかないまま

お家に行くのもよくないなと思って、 『お伝えしたいことがあるので

 電話してください。』と、 お手紙を書いて、

Tさん宅のポストに

投函しておいたんです。


そしたら、その日の晩に ボクの携帯電話に

Tさんから電話がかかってきました。 「受診しないと同意書書いてもらえないので、  かかりつけ病院を予約して

 受診して欲しいんです。  受診日が決まったら教えてください。」


ただ、

体が不自由で

一人では通院できないのは

分かっていましたから、 「ご家族が忙しいようでしたら、

 ボクが付き添って一緒に行きますから  遠慮なく言ってくださいね。」 と、いうことも

付け加えてお伝えしましたところ、


「分かりました。

 病院を予約して受診します。  でも、色々言われたことを

 明日は

 きちんと覚えてないかもしれない。  場合によっては、

 家族の者から

 だんご治療院に

 電話しても、よろしいか?」

と、おっしゃられましたので、

「もちろんです。

 いつでもいいですよ。」

と言って電話を切りました。


翌日、

ご家族から

電話はかかってきませんでした。 数日経過して、

かかりつけ病院から

電話がかかってきたんです。 「Tさんの受診日が決まりましたので

 同意書の用意をお願いします。」 と、いう内容でした。

おっと、 予想外に長くなったので

続きはまた日を改めます。


本日も最後まで

読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page