top of page

健康保険なのに健康保険ではない|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。 さて、怪我をしたときに

ありがたいのが健康保険。 病気や怪我、

またはそれによる休業、

出産や死亡といった事態は、 思わぬ出費がかかりますから、

収入が途絶えて生活が不安定になる、 なんてことが起こりがち。

健康保険は

公的医療保険の一つで、

加入者が支払った保険料を財源に、 必要なときに必要な人が

保険給付を受けられるようにして、 そのような事態に備えよう

という仕組み、制度です。


公的医療保険制度を運営するのは、

健康保険では、 社会保険庁から引き継いだ 全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)と、 大企業なんかが

厚生労働大臣の認可を受けて設立する 組合管掌健康保険(組合健保)です。


それから、 他の医療保険制度

(被用者保険、後期高齢者医療制度)

に加入していない 全ての住民が対象の

国民健康保険というのもあります。

健康保険なのに健康保険ではない

という国民健康保険って、 だいぶややこしいです。

ちなみに、

プロスポーツ選手は個人事業主

ですから国民健康保険です。


それにしても驚きました。(*_*) 全国には組合健保が

約1,400あるそうなんですが、 2021年度はその半数超が、 保険料収入から

医療費などの給付を差し引いた

収支が赤字だそうです!


大企業が運営する組合健保でさえ、

その多くがいよいよ厳しい状態に、、、 このままいけば、

解散になる!破綻する!

と言うてます。


近い将来、 健康保険料の負担率を上げよう

という議論に つながってくるんでしょうから、 訪問マッサージ業界だって

他人事ではありません。

大事なのは、

「どうなるか?」よりも「どうするか!」


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page