top of page

同意書を交付できるのは保険医だけ|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。

訪問マッサージのビジネスは

国の制度ビジネスなのですが、

ドクターの同意にもと

自宅や施設に行って

マッサージするものですので、

ビジネスを進める上で

ドクターがキーパーソン

なります。


高齢者の方が

マッサージしてもらいたい

と思っても、

かかりつけドクターが

同意しなければ、

マッサージ治療

してもらえません。


もちろん、

自由診療であれば、

ドクターの同意は

必要無いのですが、

みんながみんな、

金持ってる訳ではないですから、

どうしても保険適用は

魅力的です。


で、ボクとしては、

残念ながら

かかりつけドクターが

同意してくれなくて

マッサージが許されない

という高齢者を

何人も見てきましたので

これ以上そういった方々を

見たくないと思います。


で、そのために、

同意してもらえなかった場合に

助けてくれるドクターが

いればいいなと思って

色々と

知り合いのドクターに

お声がけしてきました。


あるとき、

社労士先生にご紹介いただいた

若手のT先生が、

ボクの想いに

賛同してくれまして、

「そういう現状はよくないですね。

私でお役に立てることがあるなら

お手伝いします!」

と言ってくれたんです。


「やったぁー!」

と、思ってT先生との連携を

進めようとしたのですが、

「自分は無所属のドクターで、

しかも保険請求してないのだが、

そんなドクターでもいいのか?」

という懸念事項がありました。


ボクは、

ドクターの資格を

持っているわけですし、

歯科医でもなく

内科医なんだから

全く問題無いだろう

と思いつつ

一応、調べてみて

愕然としました。


保険医から

同意書の交付を受ける

必要があります。

と記載してありました。

この保険医という言葉が曲者でして、

ボクも保険医という言葉は

初めて耳にしたのですが、

医院とかクリニックに

所属しているドクターのこと

だったんです。


個人で動いているような

ドクターでは

同意できないという、、、

それにしても

こんな意味不明なルール

許されていいんですかね?

ですよ。

内科医なのに、

保険医ではないから

同意できないって

どんなクソルールやねん?

と思います。


で、このT先生とのお話しは

ご破算となりました。


これに懲りることなく、

今後も継続して、

粘り強くドクターに

お声がけしていきます。


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page