top of page

ロコモティブシンドロームはフレイルの一つの症状|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。

プロ野球は交流戦が終わりまして

カープは勝率5割をキープして

セ・リーグ4位ということで、

カープは大体交流戦が鬼門となって

失速するパターンが多いのですが、

今年は踏ん張りました。


さて、

ボクたちが注目すべきは、

現場で耳にすることがある 医療とか介護業界

ならではの用語です。

先日、

ある人と会話している中で ロコモティブシンドローム

(以下ロコモ)

という言葉を聞いたのですが、 意味が分からなかったので

帰ってから調べてみました。


ロコモは、

2007年に

日本整形外科学会が

提唱した概念で、 年齢を重ねることによって

筋力が低下したり、 関節や脊椎などの

病気を発症したりすることで 運動器

(身体を動かす骨・関節・筋肉・神経などの総称)

の機能が低下し、 立ったり、歩いたり

といった日常生活に 何らかの支障をきたしている

状態のことです。

日本語では

運動器症候群

と言うそうです。


ロコモ自体

は病気ではないのですが、 高齢化が進む日本では、

ロコモから

寝たきりや要介護に

ならないように 予防しようとすることに

力が注がれているそうです。


厄介なのは、

ロコモに該当する高齢者は、 メタボリックシンドローム

などの生活習慣病を

併発しているケースが 多いということです。

運動不足になりますから

生活習慣病を悪化させてしまう

ケースもあれば、 生活習慣病による

身体動作の低下が

ロコモを悪化させる

ケースもあり、 互いに影響しあって

全身の機能低下を

引き起こしています。


ここまで書いてきて、

それってフレイルとどう違うのか?と 思った方も

多いのではないでしょうか。

フレイルについては、

コチラをご覧ください。


フレイル(虚弱)は、 年齢に従って

筋力や心身の活力が

低下した状態のことで、 「歩く速度が遅くなった」

「体重が減った」

「筋力が落ちた」 といったことがあれば

フレイルが疑われますから、 ロコモは

フレイルのひとつの症状

ということになります。


ロコモは高齢者だけでなく、

40代でも発症するケース

がありますから 早期発見・予防が大切です。

日本整形外科学会が、 骨や関節、筋肉などの運動器が

衰えているかどうかを

チェックするテスト (ロコモチェック)を

用意しています。


1つでも当てはまれば

ロコモの可能性がある

と考えられますので、 試しにチェックをしてみてください。



🔲片足立ちで靴下が履けない 🔲家の中で躓く、すべる 🔲階段を上るのに手すりが必要 🔲家の中でのやや重い仕事

 (布団の持ち上げなど)が困難 🔲2kg程度

 (1Lの牛乳パック2個程度)の

 買い物を持ち帰るのが困難 🔲15分間続けて歩くことができない 🔲横断歩道を青信号で渡り切れない


ロコモを

できるだけ早い段階で

発見し、適切な

リハビリテーションや

治療を行うことで 健康寿命の延伸に

つなげましょう!


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page