top of page

リウマチは獅子身中の虫|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。 訪問マッサージの

対象となる疾患に、 関節リウマチと

多発性関節リウマチ

があります。

「リウマチ」って

よく耳にする病気ですが、 意外と明智光秀だった

という話しです。


関節リウマチは 自分自身の体に

免疫反応が起こることで、 関節の内面を覆っている

滑膜に炎症が起こる


自己免疫疾患とは、 本来なら

体を守ってくれるはずの免疫が 自分自身の体を

攻撃してしまうわけですから、 まさに、

君側の奸、獅子身中の虫

ってやつです。


コロナウィルスが

流行りはじめの頃に、 重症化する原因

と言われていた

サイトカインストーム 自己免疫疾だと

記憶していましたが、

間違ってますかね?


それはさておき、 日本では

人口の0.5〜1%がかかる

比較的頻度の高い

全身性免疫疾患で、 男女比は1:3~4であり

女性の患者が多い病気

なんだそうです。


発症にいたる

詳しい原因は

明らかになっていない

ところが厄介ですが、 遺伝的要因と

環境的要因が

組み合わさって発症するものと 考えられています。


遺伝的要因としては、 リウマチになりやすい

遺伝子が100種類程度ある

と考えられており、 その代表例として

白血球の遺伝子である

HLA-DRB1など

が挙げられます。


環境的要因としては、 喫煙は確実視

されていますから、

現行犯逮捕です。

可能性のある要因として、

歯周病、腸内細菌の乱れ、 慢性の呼吸器感染症など

が挙げられますから、 歯とか腸とか、

一見無関係のように思えるものも

疑われるんですね。


関節リウマチ

の主な症状は、 関節のこわばり

(思ったように動かないこと)や

痛み・腫れです。

痛みは、

特に手首や手指の関節

に起こることが多ですが、 全身のどの関節の部位にも

生じる可能性があります。


関節の炎症が長期間続くと、 関節の軟骨・骨が

少しずつ破壊され、

関節の変形や脱臼、 関節が硬くこわばる強直

曲げ伸ばしが難しくなる拘縮

を引き起こし、 日常生活に

大きな支障を

きたしますから、 そうならないように

マッサージ治療で

早い段階から

緩和していきましょう!


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:0回0件のコメント
bottom of page