top of page

マッサージのバージャー病へのかかわり方|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。

さて、

マッサージの対象疾患の一つに、 国の指定難病にも分類されている

バージャー病

(日本での疾患名は閉塞性血栓血管炎

があります。

これは、

手足の動脈の壁に炎症が生じて、

血管が細くなったり 血栓ができたりすることで、

血管が詰まってしまう病気です。

発見者の名前をとって

バージャー病

(ドイツ語読みでビュルガー病)と 呼ばれます。


色々と説はあるものの、

発症の根本的な原因は分かっていない ということですが、

どうやら喫煙が強く関与

しているようです。

患者の9割が男性で

その大半が30~40代

治療方法もまずは禁煙させること

というバージャー病気が どうしてマッサージの対象に

なるのか?

ちょっと不思議です。


血管が詰まると、

手足や指先に

血が通わなくなりますので、 軽度のときは

手足や指先に

冷えやしびれが起きたり、 ひどい痛みを感じるようになったり

することもあるといいます。

訪問マッサージの場合、

疾患名よりも症状が重要視

されますから マッサージの出番!

ということになるのでしょう。


しかし、

病状が進行して

重症化すると潰瘍ができ、 最悪の場合には

手足の先が壊死してしまい、 切断を余儀なくされるケースもある

と言いますから、

怖い病気です。

軽度の段階で

マッサージによって

症状を緩和させたいですね。


さて、

高市大臣と

立憲の小西議員とのバトルが、

熱いです!

文書が本物ならば、

盗聴したことになりますから

大問題になります。


ただ、あれは、

恐らく捏造文書ですから

小西議員自らが捏造していたら

もちろん一発退場!

誰かに掴まされたのであれば、

それは誰なのか?

大問題でしょう。


いずれにしても、

頭が悪い小西議員が

高市大臣を追いつめようとして

やったことが

実は自分の首を絞めることに

なるという・・・

愚か過ぎて

話しになりません。


本日も最後まで

読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page