top of page

ゴールポストの位置は変え放題!厚顔無恥の厚生年金政策|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。 昨日は健康保険のことを

書きましたが、 これに関連して、

昨年の秋頃でしたか、、、

健康保険とセットの厚生年金について、 加入要件の適用を拡大することが

大きなニュースになりました。


厚生年金って、もともとは、 臨時雇用される人や

季節的業務に従事する人以外で、 就業規則や労働契約などに定められた 一般社員の1週間の所定労働時間

および1月の所定労働日数の 4分の3以上働く従業員が

加入するものでした。

従業員とは、

正社員、契約社員、パートタイマー、

アルバイトなど雇用される人です。

それが、

2016年10月から変更になって、 従業員数500人超(501人以上)

規模の会社については、 一般社員の1週間の所定労働時間

および1月の所定労働日数が 4分の3未満であっても、

・週の所定労働時間が20時間以上 ・雇用期間が1年以上見込まれる ・賃金の月額が88,000円以上 ・学生でない これらの要件の全てを満たす

従業員は短期労働者として

被保険者になる。 と、加入要件を

緩和しました。


その半年後の

2017年4月からは、 従業員数500人以下の企業でも、

労使が合意すれば、 適用を拡大できるように

なりました。


そして、

2022年10月からは、 従業員数を100人超(101人以上)

規模に変更し、 しかも、

雇用期間も1年以上から

2ヵ月を超えてに変更し、 加入要件をまた緩和しました。


さらに、

2024年10月から 従業員数 50人(51人以上)

超規模に変更することが 決まっています。


どんどん加入要件を緩和して、

厚生年金適用者を拡大しています。

政府のやりたい放題!

これ相当やばい状態です。

100年安心プラン

と言っていたのが2004年ですから、 あれから20年もたたないうちに

どんどん制度変更して、 保険料負担者を

何とか確保しようと必死です。


従業員の人数要件が撤廃されるのは

時間の問題で、

そうなると 短期労働者という概念も

撤廃されるでしょう。

何がしたいかというと、 企業が雇用する従業員

は全て厚生年金の被保険者だ! これにしたいんでしょう。


健康保険と厚生年金は

労使折半ですから、 企業側にとって

負担感が大きいんですよ。

特に

中小零細弱小家業にとっては

死活問題です。


「そんな社会保険の支払いくらいで

ヒィヒィ言うような 儲からん会社は退場しろっ!」 と言われればそれまでですが、

経営状況を圧迫させる

原因になることは間違いないでしょう。


それにしても

ほんと腹立たしい。(# ゚Д゚) 30年以上も

国の成長を停滞させておいて、 一方で消費税をはじめ、

国民から搾取することしか

考えないんですから。


「政治家さん、

しっかりしてください。」

と言っても無理なんですかね。 そういえば、

あのノートは

どこに行ってしまったのでしょうか?


やはり大事なのは

「どうなるか?」よりも「どうするか!」

本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ、

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page