top of page

コロナは5類になったはずなのに|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。

10日ほど前から

体調がよくないんです。


鼻づまり、咳がでる、痰がからむ

こんな状態が長引いてるので、

お医者さんに診てもらおう

となって

近くのK内科に行ったのですが、

貼り紙がしてあって

「風邪の症状がある人の診察は

完全予約制だと。

だから、まずは電話で

問い合わせをして欲しい。」

と、書いてありました。


電話かけてみましたら、

「今日は予約でいっぱいです。

最短で明日の11:00~、

または16:00~になります。」

と、言われました。


ボクとしては、今日、

診てもらいたかったので

K内科は諦めて、

S内科に電話をかけてみました。

すると、

「少し待ってもらうかもしれないが、

診ますよ。」

ということだったので、

S内科に行きました。


S内科に到着しましたが、

すぐには中に入れてくれません

まずはインターフォンを押して

看護師が出てくるのを待ちます。


看護師が幾つか質問してきたので

それに答えて、検温して、

その後、入口横の特設待合室にて

待たされました。



コロナは昨日で5類になったから

季節性インフルエンザ

と同等の扱いになった

にも関わらず、

いまだにこんな感染症対策を

続けているとは・・・

唖然としました。


そこで、

10分、15分くらい待ちましたかね。

看護師が出てきて、

やっと医院の中に

入れてくれましたが、

待合室とか診察室ではなく、

奥の別室に案内されて

そこで待たされます。


過剰な換気で寒かったです。

そこで5分くらいですかね?

待ってますと

やっとドクターが出てきました。



頭部はマスクだけでしたので

さすがにここまでではないですが、

手袋をして、

ブルーのビニールエプロンに

身を包んでました。


診察は、

喉の様子、胸の音、酸素濃度を調べて

あと問診を受けて終わりました。


結論、

熱は無い、

喉や胸の音にも異常無し、

酸素濃度も問題無し

ということで、

深刻な病状ではない、

気管支炎の初期状態かな?

ということでした。


で、

気管支炎をおさえる薬を

処方してもらって

帰ってきました。


診察してもらって、

薬をもらって、

診察料の支払いまで

その別室で行われました。

ある意味VIP待遇でしょう。


今回、ボクは

風邪の症状とはいえ

咳と鼻づまりでしたから

良かったですが、

発熱してたら

大騒ぎだったでしょう。


しかし、

一体いつまで

この状態が続くのか?

これでは、

ちょっと熱があるから

病院で診てもらおうとは

ならないでしょうね。

困ったもんです。


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:4回0件のコメント

留言


bottom of page