top of page

コミュニケーションロボットが介護の現場を変える|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。 介護ロボットが存在するらしい。

ロボットといえば、

馴染みがあるのは

ペッパーでしょうか?


はたまた、このように

行動を助けてくる

ロボットでしょうか?


まあまあ大きめの

ロボットを勝手に想像

していたものですから、 こんな小型ロボットもあるんだと、

肩透かしをくらいました。


このロボットの名前は、 コミュニケーションロボット

PALRO


介護ロボット

と一口に言っても、

その種類は様々なんですけど、 一般的には、

「移乗支援」「移動支援」

「排泄支援」「入浴支援」

「見守り・コミュニケーション」

「リハビリ」 の6種類あるということですので PARLOは

見守り・コミュニケーションのタイプ

ということになります。


AIを搭載していて、

人間のように自然に挨拶して、

会話ができます。

手足を動かして歩行したり、

ダンスもします。

介護予防のための体操や

楽しいレクリエーションを

自ら司会進行して、 利用者ひとりひとりの

名前を呼びながら

声かけや促しも行う

優れものです。

子供たちも

興味深々になるわけです。

PARLOが

介護スタッフ一人分の役割を

果たしますから、 手が空いたスタッフは

利用者さんと接する時間が長くなり、 よりきめ細かいサポートが

できるようになります。

高齢化が進む日本で、

ロボットの進出を加速させれば、 間違いなく介護業界の風景は

一変するでしょう。


これから世界の各国は、

日本に遅れて高齢化に突入します。 現時点で日本が

産業振興に人も金も投入して、 さらに

技術力を高めることができれば、

その分野で世界をリードして、 そうなると、

失われた30年を取り戻す

きっかけにもなるでしょうから、 大いに期待したいところ

なんですけれども、、、


しかし、

肝心の政治家や大企業はというと、 SDGsみたいな

訳の分からないことにしか

興味を示さないので 残念でなりません。

どっかの知事さんは

「冬はタートルネック着て寒さ対策!」 とか言っちゃって、

一体何時代だ?と思ってしまいます。 正気の沙汰じゃないですよ。


ちなみに、

PARLO のメーカーは

胴体にFUJISOFTと印字されている通り、 富士ソフト株式会社という会社です。

この富士ソフト株式会社、

ベンチャー企業かと思いきや、 横浜にバカでかい本社ビルを構え、 グループ全体で

10,000人以上の技術者を雇用する、 東証一部、

今でいうところのプライムに

上場している巨大企業でした。 全然知らんかったです。


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page