top of page

ケアマネージャーを舐めてました

だんご院長です。 訪問マッサージのビジネスに参入して思ったのが、 ボク自身がケアマネになったらええんじゃないか? ということでした。

で、どうやったらなれるのか?調べてみたのですが、 とんでもないことが分かりました!!!



ケアマネは、ケアマネージャーを略してケアマネと呼んでますが、 正式名称は介護支援専門員といいます。

ケアマネになるには、介護支援専門員実務研修受講試験 合格する必要があります。 ちなみにこれは国家資格ではなく公的資格ですので、 各都道府県が管轄、実施しています。

だったら、勉強して合格して資格取ってやろう!と、思うじゃないですか?

でもね、この介護支援専門員研修受講試験、 誰でも受けられるか?というと、そうじゃないんです。 そもそも限られた人しか受けられないんです。

受験資格があるんですが、これが半端ないんです。(*_*)

資格を持ってないといけなんです。 どんな資格かというと、、、 保健師、看護師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、言語聴覚士(ST)などの国家資格か、 生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員といった 相談援助業務の資格です。

この時点で、ボクみたいな一般国民には無理だなと、諦めましたが これだけにとどまりません。


資格を持っているだけでは駄目で、 そのうえで高齢者介護などの実務を5年以上かつ900日以上経験しないと 受験さえさせてもらえないという、、、 ここまでやらないと、受けさせてももらえないんです。泣


で、試験に合格したら資格取得とはならなくて、 さらに介護支援専門員実務研修を受講して、 これを修了してやっと資格を取得することができるという、、、 ハードル高すぎっ!


で、試験に合格するためには、もちろん独学もありますが、 スクールに通ったり、通信講座を受けたりするとお金がかかります。 ケアマネって、資格を取得するまでに想像を絶するほどの 時間とお金を使っているということが分かりました。


ケアマネージャーさんにはほんと、頭が下がります。 ボクみたいなもんの営業に付き合ってくださって 感謝しかありません。


今日も最後までお読みくださり憚りさんえ。

閲覧数:4回0件のコメント
bottom of page