top of page

あマ指師は業務委託か正規雇用か|広島で訪問マッサージしてもらうならだんご治療院

だんご院長です。

NBAファイナルが開幕しました!

西の1位デンバーと

東の8位マイアミのシリーズ、

時代の移り変わりを感じます。


全試合激闘間違いなし、

これは目が離せませんので

ブログもお休みします。


さて、

訪問マッサージの

ビジネスをスタート

させるにあたり、 ボクみたいな

マッサージの国家資格が

無い場合、 最初に頭を悩ますのが

あマ指師の採用です。


流石に

無資格で施術するわけには

いきませんから、 どうしても

採用しなければいけません。


採用するにあたり悩むのが、 正規雇用するのか?

業務委託にするのか? ということ。


正規雇用と業務委託、

それぞれメリットとデメリット

がありますので、 それを天秤にかけて、 どういうパターンが

自分の治療院に向いているかな?と 考えることになります。


正規雇用は、 あマ指師のスケジュールを

治療院の思うように

コントロールできる点

がいいです。

マッサージの空き時間があれば

挨拶回りしてもらったり、 色々と

業務をサポートしてもらう

なんてこともあるでしょう。

ただし、

利用者さんの数に関係なく

人件費がかかりますから、 固定費を支払わないといけない

リスクが発生します。


これをリスクと考える時点で

アウトかもしれませんが・・・


業務委託契約は、 成果報酬ですので

利用者がゼロなら、

人件費も発生しませんから そういう意味でのリスクは

ありませんが、 自分で治療院を運営している

あマ指師との業務委託となると、 どうしても

空き時間にサポートしてもらう

形にならざるをえませんから、 スケジュールを組むのが

しんどくなります。


一般的には、 正規雇用1名、

業務委託2名でスタート

するのが理想

と言われています。

で、

正規雇用のあマ指師の

スケジュールの70%が埋まってきたら、 もう1名追加で採用していく

というのが王道みたいです。


理想とか、王道とか、

言うのか簡単ですが、

採用したいときに

すぐに採用できるわけでも

ありませんから、

難しいところではあります。


ちなみにですが、 ボクは色々と考えて

業務委託だけでスタート

したんですけど、 やはり、

正規雇用の

あマ指師がいた方がいいな、 正規雇用するべきだな

と思いました。


本日も

最後まで読んでくださり

憚りさんえ。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page